ダージリン・オータムナル 
こんにちは。


花粉で目がかゆい毎日です。
もうお洗濯も、外干しは無理かな・・・





さてと、マイペースな娘さんを幼稚園に送り出して、やっと自分の時間です。
色々始める前に、ささやかなティータイムをしようかと。





今日のおやつは「クラブハリエのホワイトバーム」。




CIMG5772_convert_20160223102408.jpg





我が家はクラブハリエのバームクーヘンが大好きで、よく購入するのですが、
この限定のホワイトバームは、パパが会社帰りに買ってきてくれました。


娘が生まれてからは、私があまり都内までお買い物に行けなくなってしまった分、
パパがこうやって美味しいお土産を買ってきてくれます。



ありがたい。






さてさて、そのホワイトバームは。
スタンダートなバームクーヘンよりも少し白い生地。
ふんわりと優しい口当たりはそのままに、さっぱりとした甘みが広がります。




こういうお菓子には、スリランカの紅茶・ディンブラをミルクティーにして合わせたいところですが、
今日は朝から牛乳を飲み過ぎていたので断念。

すっきりとダージリン・オータムナルをチョイス。






1月から出回り始めたダージリン・オータムナル(秋摘みのダージリン)ですが、
楽しみにしていたものの、期待していたよりは軽めの口当たりでした。

前回のダージリン・セカンドフラッシュ(夏摘み)がしっかりとした香り、渋みも感じられていたから、
余計に軽く感じます。

よく言えば、飲みやすいのですが。。。




寒暖の差、雨量によって味わいが変わるダージリン、というか、紅茶全般、
奥が深いですね。




レッスンに合わせて一年中、紅茶を追いかけていると、違いがとってもよくわかります。





オータムナルはすでにお客さまにもお召し上がりいただいていますが、
春になったら、今度はファーストフラッシュの季節です。



またティータイムでお出ししますので、お楽しみになさってくださいね。










スポンサーサイト
セカンドフラッシュ 
こんにちは。



先日、娘とお出かけしていたら、突然の雷雨に見舞われて。
帰りの電車の中からも真っ黒い雲と豪雨、カミナリが見えて、まぁ怖かったです。


なんとか家に着いたものの、干していったお洗濯物はずぶ濡れ・・・
出かけるから早起きして、せっせと干したのに。



変わりやすいお天気、秋はもっと気をつけなきゃですね。





さて今日は、楽しみにしていた「セカンドフラッシュのダージリンとアッサム」が届きました。

セカンドフラッシュとは、簡単に言うと夏摘みの紅茶のこと。
何度かブログ内でもご紹介していますが。。。



今年は、春摘みのファーストフラッシュからすでに天候不順により茶葉の発育が悪く、
その影響はセカンドフラッシュにも続いていたようです。

クオリティーの良い茶葉の収穫も例年を下回ってしまったようですが、
そういった様々な悪条件の中でも、こうしていつも通り紅茶を愉しむことが出来ているのは、
本当にありがたいことです。




さっそく封を開けて、淹れてみました。
今日はアッサムを濃い目に淹れて、ミルクティーで愉しむことに。








ペニンシュラブティックのチョコレートラングドシャと一緒に。
これ、美味しいです。





ファーストフラッシュの頃よりも、さらに全体にパンチが感じられるようになり、
甘味も渋みもしっかりしています。

そのどちらとも調和するミルクを合せてみましたが、


やっぱり少しずつ気温が下がってくると、急にミルクティーが恋しくなります。








ダージリンも一緒に届いているので、こちらも楽しみ。
どんなお菓子と合せようか、思いついてからテイスティングすることにします。









10月のレッスンでもセカンドフラッシュご提供予定です。
お楽しみに。














ダージリン・オータムナル 
1月半ば。





ダージリン・オータムナルが届きました。






オータムナルとは、秋摘みの紅茶のこと。

紅茶には、クオリティーシーズンと呼ばれる
もっとも良質な茶葉が採取される時期があり、
その時期に摘まれた茶葉は、とても美味しく、それぞれに個性豊かな味わいを持ちます。



そして、
ダージリンとアッサムは、そのクオリティーシーズンが年に3回あるのですが、
オータムナルは10月頃に摘まれ加工されたものです。






オータムナルが日本に輸入されるのは大体年明け。


今年も紅茶やさんからオータムナル販売開始のハガキをいただいたので、
早速、ダージリンとアッサムを注文しました。




春に摘まれる「ファーストフラッシュ」と比べると、
秋摘みのダージリンは水色もだいぶ赤くなり、
また香りも、青臭さが抜けた深みが出てきます。

渋みも香りもバランスが良くなって、飲みやすい、
紅茶らしい紅茶、といった感じです。








市販のスイスロール(実は大好き)といただきました♪






近年の温暖化によって寒暖差が減り、紅茶の出来にも影響が出始めているようですが、


確かに去年のオータムナルよりも少し物足りない感じがしました。
とは言え、ちゃんと美味しいですけれど。








温暖化のせいで、特に去年の猛暑の影響で、卵や果物、砂糖など、
お菓子に関わる食材の値段が高騰。




おまけに紅茶の出来にまで。





う~ん、困りますねェ。。。





















林檎のロシアンティー 
こんにちは。





寒い毎日ですね。









先週のことですが、


旦那くんが「ノドが痛い」って言うから、

風邪を引かれちゃ困るっ!と思い、ハチミツ入りのジンジャーティーを無理やり飲ませました。
(風邪っぽくなるたびに飲ませます)




旦那くんは、そういったタグイの飲み物が苦手なので、
毎回苦痛のご様子です。笑







ならば、と試行錯誤して、
ジンジャーにジャムを合せて飲みやすくしてみるのですが、

こちらもイヤイヤのご様子。




もともと、彼はジャムも嫌いなので、そりゃそうか。











美味しく飲ませる戦いはまだ続きそうですが、




っていうか、ノド痛いのにサッカーの練習に行くからでしょ。



そもそも、だわ。















私と言えば、




この時期になると毎年、うちのママさんが




紅玉でコトコト、ジャムを作ります。





紅玉を使うから、とてもキレイなピンク色。


それに甘酸っぱくて、とても美味しい。











パンにつけたり、サブレに挟んだり、

クリームチーズと合わせてパイにしてみたり、用途は様々。










寒さを感じる今日この頃は、


ダージリンに入れてロシアンティーにするのが日課です。
(ロシアの人は、ジャムを紅茶に入れずに舐めるとか)












カラダ、温まりますよ。

お手持ちのジャムで、ぜひお試しあれ。
















ダージリン・セカンドフラッシュ 
9月8日。




久しぶりすぎる、雨の日。



外は、ひんやりとした風が吹いています。









湿気は好きじゃないけれど、なんとなく窓を開けて、


ひんやりとした風に当たることにしました。




エアコンがいらない、贅沢です。











そして、



午前中には、


待ちに待ったダージリン・セカンドフラッシュが届いたので、





試飲がてらのティータイム。








ちょうど黒糖を使った「ちんすこう」を試作していたので、


紅茶の良いお供になりました。








サクザクとした独特の歯ごたえと黒糖の風味が楽しめます。
いびつな亀裂も、表情のうち。










今年のセカンドフラッシュは、猛暑と天候不順の影響で、


ハイクオリティな茶葉の生産が激減したそう。




それでもなんとか、今年もその味わいを愉しめる時期を迎えられました。



生産者に感謝です。






ファーストフラッシュよりも、ぐんと濃くなった水色と奥ゆかしい味わい、



鼻から抜けていくフルーティーな香り。






芽が摘まれる時期によって、その特徴を変化させる紅茶って、




本当にすごいなぁ・・・と感じます。


















雨の音と、時計の秒針の音だけを聞きながら、




ゆっくりと本を読んだ、








贅沢な昼下がりでした。