月餅 
こんにちは。


寒い日が続きますが、みなさま、お元気でいらっしゃいますか?




今日は晴天とは言え風も強く、おうち日和。

というわけで、月餅作りにいそしみまして。
ご紹介するのは、和栗の月餅です。





こんな感じに出来ました。




CIMG6001_convert_20170110112806.jpg

CIMG6006_convert_20170110112843.jpg
台湾烏龍茶と一緒に。




よくある月餅の形にするには型がいるので、手で成形。
ちょっとおまんじゅうみたいな仕上がりになりましたが・・・これはこれで。








そもそも月餅を作るに至ったのは、お客さまからのご依頼。
月餅の型をお持ちということで、ご相談くださりました。




お借りしたのは大きいサイズの月餅型だったのですが、
月餅初心者の私にはビッグサイズで作るのは難しく、このプチサイズに変更させていただきました・・・
(Sさま、スミマセン)




個人的にも月餅は大好きで、中華街に行った時は必ず買って帰ったりしていました。
特にゴマ餡の、ナッツなどが入っていないシンプルなもの。


今回ご相談をいただいたときも、フィリングに何を使おうか。。。と考えましたが、
やっぱり洋菓子ベースです。



ローマジパンに和栗のペースト、ブルーポピーシードと大きくカットした和栗。






おかげさまでコーヒーにも合いました。たぶん。









ご相談くださったSさま、大変お待たせして申し訳ございませんでした。
この時期は色々とお忙しい頃とお察しいたしますので、
お時間のある時にお声かけください。


若干の改良も必要なので、ぜひ一度ご試食をお願いいたします。











たまにはよそのお国のお菓子も、いいですね。












スポンサーサイト
ベイクドモンブラン 
こんにちは。


先日、娘が5歳になりまして。
お誕生日プレゼントを決めかねていたので、
トイザらスで直接選ばせることに。




で、娘さんが買ったのは、
「リカちゃんの、チャイムでピンポン、広々ゆったりさん」という、おうちセット。




こういうオモチャを選ぶようになったかー、としみじみ。



もちろんお人形がないと遊べないのですが、
娘さんが買ったのは、リカちゃんのパパとママ。

一応、つがいだけど・・・笑







てゆか、リカちゃんは?







要らないそう。






主役を買わない娘さん、
まあ、楽しそうに遊んでいます。









さてと、今日は栗を使った焼き菓子。
先日、お客さまと作りました。




こんな子です。


CIMG5946_convert_20161024130208.jpg





こちらはベイクドモンブラン。


パイ生地にマロンカスタード、アーモンドクリーム、栗の渋皮煮。
仕上げにマカロナードをかけて焼き上げます。


さっくりしっとり、栗を丸ごと楽しめるプチタルトです。






お客さまの作ったものなので中身はお見せできませんが、
数年ぶりにブログに載せました。







私の大好きなタルト、自分用にも作ろうと思います。






タルト・ポワールの試作 

こんにちは。


秋らしくなりましたね。
寒がりさんには厳しい季節に・・・


去年は冬の間、ほぼ毎日ユニクロの極暖ヒートテックを着ていたのを思い出し、
早めに購入しようとユニクロへ。


でも、さすがにまだ売っていませんでした。。。






さてと、遅くなりましたが、やっと画像をアップです。
今月の「タルト・ポワール」。


こんな感じに仕上がりました。



CIMG5961_convert_20161024124622.jpg

断面少し。
CIMG5964_convert_20161024124702.jpg




フレッシュの洋ナシをコンポートして使いますので、
缶詰を使うよりも少し手が込んでいる感じに出来上がります。

(もちろん、缶詰を使ってもちゃんとできますよ。)



サクッとした食感とフランジパンヌクリームの優しい甘味、洋ナシの柔らかさが美味しいタルト。
一日寝かせた方がしっとりと馴染んで美味しく感じられました。




秋の味覚、皆さまも楽しんでくださいませ。








パンプキンチーズパイの試作 
こんにちは。



雨続きですね・・・気持ちがカビそう。




台風が秋雨前線を刺激しまくっている中、3日後に控えた幼稚園の運動会。
無事に開催できるのか・・・不安です。



早起きしてお弁当作ったのに中止とか、最悪のパターンだけは避けたいところ。




せめて曇りがちでお願いしたいです。







さて、今日はパンプキンチーズパイの試作をしました。
こんなふうです。



CIMG5922_convert_20160919155138.jpg


断面は、
CIMG5926_convert_20160919154846.jpg





カボチャの風味とチーズの風味がどちらも感じられるように合わせて、
くどくなく、爽やかな味わいに仕上げました。


使っているのは、ブリゼ生地と呼ばれる、練パイ生地。
覚えておくと気楽にパイを作れて、便利な生地です。



ケーキの周りには木の葉型のパイ生地を飾っていますよ。






秋らしくなってきて、焼き込み菓子が恋しくなる季節。
楽しみですね。















リンツァートルテ 
こんにちは。

今日は雨。少し暑さも落ち着いて、ホッとしています。



娘さんも明日から夏休み・・・今のうちに、自分の休息をしておかねば。笑




さてと今日は、リンツァートルテの試作をしました。
こんなふう。


CIMG5886_convert_20160721100402.jpg




このケーキはドイツのリンツ地方発祥。

アーモンドの粉とシナモン、クローブなどのスパイスを使った生地に、
ラズベリーや赤スグリ(レッドカラント・グロゼイユ)のジャムを絞って焼き込んだものです。


名前の「リンツァ」というのは諸説ありますが、どうやら「リンツ地方の」という意味が有力なようです。



地方の銘菓が美味しいのは、どこのお国でも共通ですね。




私が昔師匠より習ったものは、タルト生地をベースにしたもので、ザクッとした歯ごたえが
楽しめるものでした。
今回は少し食べやすくアレンジして、タルト生地とパウンド生地の中間のような食感に仕上げて、
甘さと酸味の中に、ほのかにスパイスが効いた楽しいお菓子です。





ウバのミルクティーに合わせるのが、個人的にはおすすめかな。







ご興味のある方、ぜひどうぞ。