natureコンセプト 

私がのんびりと開いているお教室、natureのこと。






少し前の、習い事やスクールのコンセプトで多かったのは、






「非日常」








という表現。










習い事をすることで、



忙しい毎日からちょっと離れて、自分の時間を愉しみ、



自分の生活にはないものを感じ、学ぶ。





そこで得た情報を、今度は自分のライフスタイルに取り込んで、





自身の生活を活性化させていく・・・








習い事をすることが、向上心多き女性の間で流行り始めたほんの数年前のコンセプト。
あちこちで目にしました。









・・・でも、今は、習い事ブーム?も少しおさまったかな?


様々な要因から、非日常を求めることも、少なくなってきたと感じます。









移り行く世の中だけど、私がお教室で伝えたいことは、ひとつ。






「自分の時間を愉しんでもらうこと」






お仕事に、主婦に、お出かけにetc. 女性はとかく忙しい。


男性がお仕事が忙しいのとは、ちょっと違う、女性ならではの忙しさ。





何事も、全部自分の活力になっていると思うけれど、




時々は、誰のためでもなく、自分のためにゆっくりしてほしい。







だから、natureでは、



お友達や仲間と一緒にお菓子を作りながら、



そこに流れる穏やかな時間を感じて、



ゆっくり過ごしてもらいたいと考えています。









お茶をしている時のように、たくさんおしゃべりしながら、





お菓子作りを愉しんで。









みなさんがリフレッシュするお教室でありたいと、









常々、願いつつ。









お菓子は、くつろぎをつなぎます。










マドレーヌ2



















スポンサーサイト
natureとつけたこと。 
「nature」という単語。


フランス語で「ありのままの・自然な」という意味で、
「ナチュール」と発音します。





この単語の持つ意味は、私がお菓子を作る上で、
素材を活かす為に常に意識していること。






でも、
それ以前に、人としても、女性としても、そうでありたいとも思います。






飾らない、気取らない。


自分らしくいられる時が、きっと一番素敵な時。










でも、忙しい毎日の中で、


自分のために過ごす時間って、どれくらいあるだろう?

自分らしく自分を愉しむ時間って、どれくらいあるだろう?







私がお教室に「nature」と付けたのは、
いらっしゃるお客様に、くつろぎの時間を過ごしていただけるよう。






特別なことをするわけじゃなく、
毎日の中に少しずつ、新しい風を吹き込んで、きちんとリセット。
毎日にちょうどいい、アナタのためのティータイム。






お菓子を作りながら流れてゆく、
優しくて穏やかな時間を、皆様にお届けしたいと思っています。













こだわり。 
私がお菓子を作るうえで、大切にしているこだわり。



「素材の味を生かすこと。」



添加物も保存料も一切使用しない本当の美味しさは、
手作りだからこそ感じられる醍醐味。




北海道産の小麦粉の力強い香り。
きび砂糖の優しい甘さ。
発酵バターの芳醇な風味。
旬にこそ美味しさを増す、果物。



季節に合わせて、作るお菓子を考える。

作るお菓子に合わせて、使う食材をセレクト。

出来たお菓子をイメージして、テーブルセッティング。



身体に優しい食材も、ケーキを飾るお皿もティーカップも、
大切なお客様へのおもてなしです。



皆さんにいっぱい喜んでもらえるように、こだわっています。



きび砂糖 卵 







カラダに優しいものは、






心にも優しいものです。