スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
和栗のガトーバスク 
こんにちは。





さて、先日、栗が有り余っているとお話しましたが・・・
引き続きの消化メニューです。







今回は「和栗のガトーバスク」




ガトーバスクはバスク地方のお菓子。
もともとはクッキーとケーキの中間のような生地に、
ブルーベリーなどのジャムを挟んで焼き上げるものです。



ガレットのようで、食感はちょっとシットリ。
とっても好きなお菓子です。







出来あがりはこちら↓




CIMG4770_edited_convert_20121126213938.jpg


CIMG4763_edited_convert_20121126213823.jpg







カスタードと和栗ペーストを詰め込んで焼き上げたバスク、とっても私好みでした。

旦那くんには「もっと栗っぽくてもいいかも」と言われましたが、


風邪で連休をつぶした人は黙っててください。










こういった焼き菓子は、日にちが経つと美味しさも増すので、
一気に食べずに少しずつ、その変化を楽しみました。




もうちょい栗があるので、また作ろうかな。












あ、栗とは無関係なのですが。お願い事です。

初めてのお客様で、natureへのお問い合わせいただく際には、
お手数ですがお名前(名字のみで結構です)をお知らせいただけますと幸いです。
返信の際に何と御呼びするべきか困りますため・・・


申し訳ございませんが、ご協力をよろしくお願い致します。










ではでは。













スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。