今年のファーストフラッシュ 
今朝。


お待ちかねの「ファーストフラッシュ」が到着しました。





さて、ファーストフラッシュとは。


簡単に言うと、紅茶の初摘みのようなもの。
意味合いとしては、日本茶の新茶と同じかな。




紅茶には、クオリティシーズンといって、
一年の中でもっとも良質で美味しい茶葉が採取される時期があります。

とりわけダージリンとアッサムには、クオリティシーズンが年に3回あり、
ファーストフラッシュは第1回目のこと。


2回目、3回目となるにつれて、採取される時期も異なることから、
味わいもまったく違う紅茶となります。





ダージリンのファーストフラッシュは、新芽の青々しい香り、まるみのある渋み、
薄い水色からは想像できないほどのパンチのある味わい。

茶葉も、緑茶のように青く、鮮やかです。




通常のダージリンとは全く別物と思わせるほど。







早速、封を開けて、漂う香りにわくわくしながら淹れてみました。



 CIMG2930_edited_convert_20100508144638.jpg






まずは、試飲。

紅茶の試飲の仕方は変わっていて、スプーンで一口分すくって、
歯で濾すように音を立ててズズっとすすります。

口の中に広がるしぶきから、味の一つ一つを見極めていくのです。
そうすることで、茶葉によって異なる特徴をつかむことが出来ます。





ズズっとすすったら、
あとは普通にゴクっといただきました。







去年と同じ茶園のものを注文したのですが、
今年のものは少し、やわらかい感じがしました(個人的にですが)

去年のものは、もう少しパンチが強かったなあ・・・・


今年はとても温かく、雨が少なかったことが、味に影響しているようです。

とは言え、今年のものも、とても美味でした。









今年のファーストフラッシュ、

レッスンでお客様にご紹介出来るのが、今からとっても楽しみです。
















スポンサーサイト
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://nature13.blog38.fc2.com/tb.php/110-6e8374bb