パンデローとカステイラ 
こんにちは。




今日は、日曜日。




雨降りの、しっとりとした一日。







晴れるとなんだか忙しいけど、

雨の日は、おうちでのんびり過ごしたくなります。







さてとこんな日は、我が家のおやつ作りでも。
卵が3つ、余っているので。




何にしようかな、と、棚をゴソゴソしつつ、
目についたのはメープルシロップ。


卵とメープルで、しばらく考えて・・・・決まり。






今日のおやつは、「パンデロー」にしようっと。







さて、パンデローとは、最近少しだけ名前が出始めましたが、
ポルトガルで12月のクリスマス時期に食べられる、伝統菓子。
(近年では、一年中食べられるようになったそうですが)


卵をたっぷり使った、周りはフワフワ、中が半熟のトロリとした食感。
味は、卵の香るシンプルなお味。





パンデローは、実はカステラの原形。
その昔日本に伝わり、形を変え、カステラとして変身を遂げたそうです。
とは言え、カステラの方が、あまくてぎゅっとした食べ応え。








そして、私が作ったものは、どちらかと言うとカステラに近いもの。
中は半熟にしないまでも、しっとりふんわり仕上げました。


また、甘味と香りに使ったメープルシロップが風味豊かに香ります。








CIMG2942_edited_convert_20100523164225.jpg
頭が軽く凹むのも、また良い表情。











雨の日をちょっと愉しくしてくれる、



素朴なおやつです。


























スポンサーサイト
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://nature13.blog38.fc2.com/tb.php/113-c45daed2