スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さくらんぼの頃 
サクランボ。



とっても可愛い名前ですね。







日本人に馴染みが深いのは、やっぱり佐藤錦ではないでしょうか。





佐藤錦はその名の通り、山形の佐藤さんと言う方が交配し作り上げた品種。
甘さと酸味のバランスがちょうどよい、現在作られる品種の中でも最高品種に当たるそうです。



やっぱり、日本のサクランボは(さくらんぼに限らずなんでもそうですが)、
海外産よりずっとずっと美味しいですものね。






さて、そんなサクランボの品種は、世界では130種以上、
日本だけでも20種以上はあるようです。


品種によって収穫の時期が変わって行き、最後は7月下旬に北海道産の水門という品種で締め。




まさに今、食べ時です。
旬の時期が一番栄養価が高いですから、いっぱい食べましょう♪

ちなみにサクランボは、カリウムとカロチンとビタミンCですよ。












CIMG3064_edited_convert_20100622151957.jpg
今日は、チェリーブランデーの香りをつけたアイスダージリンにサクランボとピーチを入れて。
カラダをキュッとリフレッシュさせてくれます。










そういえば、サクランボで思い出したけど、



京都にある私の大好きなケーキ屋さんが作っている、
サクランボとメレンゲのタルトがあるのですが、





地方配送をしてくれるそうなので、
久々に頼んでみようと思います。










CIMG3066_edited_convert_20100622152100.jpg









スポンサーサイト
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://nature13.blog38.fc2.com/tb.php/121-a4306a1a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。