ダージリン・セカンドフラッシュ 
9月8日。




久しぶりすぎる、雨の日。



外は、ひんやりとした風が吹いています。









湿気は好きじゃないけれど、なんとなく窓を開けて、


ひんやりとした風に当たることにしました。




エアコンがいらない、贅沢です。











そして、



午前中には、


待ちに待ったダージリン・セカンドフラッシュが届いたので、





試飲がてらのティータイム。








ちょうど黒糖を使った「ちんすこう」を試作していたので、


紅茶の良いお供になりました。








サクザクとした独特の歯ごたえと黒糖の風味が楽しめます。
いびつな亀裂も、表情のうち。










今年のセカンドフラッシュは、猛暑と天候不順の影響で、


ハイクオリティな茶葉の生産が激減したそう。




それでもなんとか、今年もその味わいを愉しめる時期を迎えられました。



生産者に感謝です。






ファーストフラッシュよりも、ぐんと濃くなった水色と奥ゆかしい味わい、



鼻から抜けていくフルーティーな香り。






芽が摘まれる時期によって、その特徴を変化させる紅茶って、




本当にすごいなぁ・・・と感じます。


















雨の音と、時計の秒針の音だけを聞きながら、




ゆっくりと本を読んだ、








贅沢な昼下がりでした。















スポンサーサイト
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://nature13.blog38.fc2.com/tb.php/139-3c9b5d56