地味に美味。 
タイトル通り。







秋の果実は、地味です。









栗、さつまいも、ちょっと頑張ってリンゴ。



まぁ、この地味に美味しい季節があるからこそ、
冬のマドンナ「イチゴ」を、神々しくお迎えできるのでしょうね。








さて、そのマドンナの到来までは、まだ時間がありますから、


地味チームにもヒトハナ咲かせたいと思います。










今日ご紹介するのは、まず「栗」


10月にモンブランを作ろうと思うので、そのために栗の渋皮煮を作りました。

出来あがった渋皮煮を裏ごして、マロンペーストを作っていたとき、

ふと思い立って、別メニュー作りに方向転換。



岐阜かどこかの銘菓で、この時期しか食べられない「栗きんとん」のお菓子があるのですが、
栗をつぶして茶巾絞りにした、シンプルに栗を味わう和菓子です。

それがとても美味しかったのを思い出して、

似たもの作りに勤しんでみました。






とは言え、私の場合、焼き菓子メニューとして提供出来るものを常に考えているので、
火をきちんと通しつつ、レア(半生)なしっとり感も味わえるようにと試行錯誤。




そして出来あがったのが、それはそれは地味な栗顔ちゃんです↓



CIMG3407_convert_20100925212713.jpg






焼きたては、外がサクッと、中がしっとりですが、
時間が経つと、全体にしっとり感が行きわたり、
しっとり・ほろりの口当たり。

イメージ通りの食感に仕上がりました。





この子は、あまみもほとんど付けず、9割が和栗の裏ごし、
後はほんの少しの粉などしか使っていませんから、

栗がお好きな方にはとってもおススメです。



秋の焼き菓子メニューに、付け加えようと思います。










さて、お次は「サツマイモ」



先日、なると金時が売っていたので、焼き芋でも食べようと思って買いました。

が、いざ買ってみると、焼き芋にするのがもったいなくなって、お菓子化決定。




いつも、おうちで食べようと思って果物を買うのに、
いつの間にやらケーキになるのが、私のクセです。。。





さてと、その犠牲者となったサツマイモくん、
パイ生地に詰められて焼かれてしまいました。





サツマイモをふかしてペーストにして、
白ゴマ入りカスタードと一緒に練り込んだら、パイ生地へ。




長野産のクルミと一緒に香ばしく焼き上げて、
シンプルなスイートポテトパイに仕上げました。






CIMG3412_edited_convert_20100925212816.jpg







焼き立てアツアツに、バニラアイスを添えて食べたいお菓子です。














地味ながら活躍する秋の果実、

ほんとはイチゴより、好きです。


























スポンサーサイト
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://nature13.blog38.fc2.com/tb.php/145-308d119d