スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
和栗のモンブラン 
先日、






玄関先の鉢植えにお水をあげていたときのこと。








我が家の向かいの公園で、いつもお友達とサッカーをしている男の子が、
その日は一人でボールを蹴っていて、




たまたまお水やりをしていた私に



「こんにちは。僕のシュート、見てくれない?」って声をかけてきました。




「いいよ~、見せて♪」といって、
翼くんもびっくりなスーパーシュートを見せてもらいました。








それからしばらくして、彼はまた私のところにやってきて、





「これ、あげる」と言って、手渡されたのは、一枚のもみじの葉。




「赤くなってるのは、僕の背じゃ届かなかったんだ~、青いのだけどいい?」



と、ちょっと残念そうにしていましたが、







何よりも、こんなに小さい男の子が、

こんなに奥ゆかしい贈り物をしてくれたことに、とっても感動してしまいました。






思わぬ形でいただいた秋の便りは、


とっても風情ある一枚でした。










さて、食べ物絡みでの秋のお便りも。






その昔、


極楽浄土は西の彼方にあるとされ、西方浄土と言われていたそうです。




西の木と書いて「栗」、

つまり栗の木は、西方浄土へ導く木として仏具に使用されたりと珍重されたそう。








「栗という文字は西の木と書て、西方浄土に便(たより)あり。」 



・・・奥の細道。














さて、そんな大切な栗を使って出来ましたるは「和栗のモンブラン」






和栗を渋皮煮にして裏ごし、カスタードクリームのロールケーキにのせてみました。













和栗の香りを邪魔しないよう、リキュールもほんの少しだけ加えて、

真ん中にはホイップクリームとマロングラッセが入っています。





全体的に柔らかい食感のものが組み合わさっているので、
メリハリを出すために、ザクザクした歯ごたえのココナッツメレンゲを飾りました。





一般的なモンブランよりも、かなり柔らかい口当たり。
でも、和栗の味をしっかりと感じていただけます。











季節ごとに感じる便りの中でも、





食の観点からいうなれば、




秋の便りこそ、いとをかし。です。








*をかし・・・・趣深いさま*






















スポンサーサイト
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://nature13.blog38.fc2.com/tb.php/148-6d9e94f4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。