ハロウィンぽいこと 
さて。



先日のこと、
ケーキのご依頼をいただきました。





ご依頼主さまのお母様が遊びにいらしてるということで、
10月がお誕生月ということもあり、ケーキのご注文をいただきました。


そういえば、
ちょうど一年前にも、同じようにお母様が遊びにいらしていて、
ケーキのご依頼をいただきました。



本当に、ありがたいことです。






今回は、ちょっとしたお任せコースだったので、
何にしようか考えつつ、

と言っても、この時期はフレッシュフルーツがあまり充実していないので、
どうしようかなァ・・・と数日考えて。



果物が充実しているスーパーや百貨店に行っても、
ピンときませんでした。






栗はありきたりだし、味もモンブラン系に偏りが出てしまうし、
柿は、面白さはあっても、地味だし・・・
イチジクは自分が好きじゃないし^^;




結局、選抜に残ったのは、カボチャ。

ちょうどお渡し日がハロウィンの前日ということもあり、
カボチャのショートケーキに仕立てることにしました。







組み合わせは、

シフォン生地を濃厚な食感に焼き上げて、

カボチャカスタード、ラムクリーム、カボチャホイップの3層。



ケーキの中には、ブルーベリーやナッツなども加えて、食感を出してあります。







見た目はイエローのカボチャ色だけど、ほんのりカボチャの甘味と、ラムの香り。
木の葉型のクッキーなどを飾って、秋っぽさを出してみました。



日が暮れてからの撮影で、ちょっと画像の色がイマイチですが・・・





カボチャがショートケーキになることで、
ご依頼主さまのお子様たちは不思議そうにされていたようです。

カボチャって、野菜のイメージがありますからね^^




そんなカワイイエピソードを聞けて、嬉しく思いました。



ご注文、ありがとうござました♪










それから、もひとつ。


こちらはカボチャのパウンドケーキ。









ホクホクそうなカボチャが売っていると、つい買ってしまって、
時々、冷蔵庫をカボチャが占拠します。




ちょうどハロウィン当日だったので、
(というより、翌日に来客予定があったので、そのお茶菓子用に)
パウンドケーキを焼きました。





CIMG3481_edited_convert_20101101235312.jpg







ふんわりとした口当たりに、ほのかに香るカボチャの甘味。


レーズンやクルミとの相性もバッチリで、なんだかいくらでも食べられそうな出来あがりです。








2本焼いたのに、気が付いたら1本をほとんど食べてしまいました・・・









カボチャたっぷりとは言え、

ベースはパウンドケーキですから、食べすぎは禁物です。





ヘルシーという錯覚、


気をつけねば。















スポンサーサイト
 
そ~ゆ~ママ #-
感動!! 
メールにも書きましたが、カボチャのショートケーキ、感動的な味でした。見た目も秋っぽくて、母はもちろん、家族みんな感激しながら食べました。

カボチャ=ケーキ が結びつかない子供達に、「ほら、ママが作るカボチャのスープもカボチャを柔らかくしてミキサーしてスープにしてるし、ケーキもクリーム状にして生クリームとかに混ぜてるんだよ、きっと。」
て言ったら、
「あ、スープにお砂糖いれてるのか」
だって。
・・・ちょっと違うんだけどi-229

ま、とにもかくにもおいしかった。
ありがとうございました。

fuwarri #-
いつもありがとうございます☆ 
こんにちは。
このたびも、ありがとうございました^^

スープにお砂糖入れてるのか、って、笑ってしまいました♪
でも、途中まで工程は一緒ですから^^

野菜として食べているものがスイーツに変化するのは、面白いことかも知れませんね。

苺も実は野菜だって知ったら、子供たちってどんな反応するのでしょうか・・・笑



秘密にする

 
トラックバックURL
http://nature13.blog38.fc2.com/tb.php/151-a44ae8db