リンゴのフロマージュクランブル 
11月になりまして。




玄関先に植えている花を、そろそろ冬仕様に替えなければ、と思う今日この頃です。


去年は冬の間中、ビオラが頑張って咲いてくれていたけれど、
予定外の寒さに、ビオラちゃんたちも瀕死状態でした。



さて、今年は何にしようかなあ・・・





なんにせよ、あまり手のかからない花にします^^;










ささ、今日のケーキは。



まさに旬を迎えている、リンゴを使ったタルトです。

「リンゴのフロマージュ・クランブル」







タルト生地にチーズ生地を流し込んでじっくりと焼き上げて、



フロマージュブランとハチミツなどで作った濃厚クリームと、
甘酸っぱい焼きリンゴを合せて、
タルトの上にたっぷりとのせました。




仕上げにクルミやクランブル、赤い実を散らして、




白と赤のコントラストがちょっと冬を思わせる、リンゴの濃厚なタルトが出来あがりました。










CIMG3499_edited_convert_20101102152551.jpg
断面デス。







リンゴを焼くことで味わえる凝縮した甘味に、
フロマージュブランのコクのある酸味がマッチして、


焼きリンゴや、チーズがお好きな方には、とてもおススメなケーキになりました。

ほんのり効いた、ハチミツの甘味もイイ感じ。



やっぱり、リンゴとハチミツは恋をするのですね~。(バーモントより引用)




















うちの誰かさんは、火を通したリンゴがお嫌いなので、


私一人で平らげることになりそうです。










やれやれ。











スポンサーサイト
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://nature13.blog38.fc2.com/tb.php/152-caadc695