日本海水「トッピングソルト」 
どうもどうも。



KARAのケツフリダンスを日々のストレッチに取り入れてみたら、
持ち前の腰痛が悪化しました。








さて、本日は、塩を使ったお菓子のご紹介です。

タイトルの、日本海水さんという製塩事業を展開している会社様より
お塩を頂戴いたしました。



こちらです↓











トッピングソルトという、
瀬戸内・讃岐の海水を結晶化させて作られた、ちょっぴり大き目のフレーク状のお塩。

お味はまろやかで、キツイ塩辛さがありません。
そして、とってもしっとりしています。





今日は、こちらを使って、焼き菓子を作ることにしました。


塩キャラメルなどの塩ブームもだいぶ落ち着きましたが、たまにはいいかな♪






まァ、バレンタインという時期的なことも考慮して、
お塩とチョコレートを組み合わせてみることに。

お塩とチョコは相性良いですからね♪



そして出来あがったお菓子は、「ガトーバスク ショコラ・サレ」と名付けました。





CIMG4127_edited_convert_20110203130807.jpg

CIMG4112_edited_convert_20110203130650.jpg
こちらは断面です。欲張ってカスタードを入れ過ぎましたが・・・







ガトーバスクとは、フランスのバスク地方に伝わる伝統菓子。
ソフトタイプのクッキー生地の中に、ジャムやカスタードなどを詰め込んで焼き上げたものです。

サクッ、ホロッ、しっとりとした食感がとっても大好きなので、
時々作るのですが。


今日のバスクは、
チョコレート味の生地の中に、ほんのり塩味を感じる程度のトッピングソルトを加えて、
フィリングにチョコレートカスタードを詰め込んでいます。
(本当はもっと平たく作りますが、よくばって肉厚に作っちゃいました。
おうち用だし、食べた感と言うか、ボリュームが欲しいので^^;)


焼き立てのほのかに温かいバスクも美味しいけれど、
一日置いて生地に塩気がなじんだものは、さらに美味。

まわりはサクサク、真ん中に近づくにつれてしっとりとする食感がたまりません。
そして濃厚なチョコレートカスタードが、生地の塩味と絶妙にマッチしてくれます。







なかなかの仕上がりになったので、

バレンタインにお越しになる皆さまへ、ティータイムにお出ししようと思います。










このお塩を作っている日本海水さんのHPはこちらです
http://www.nihonkaisui.co.jp


ぜひ、ご覧くださいませ。











スポンサーサイト
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://nature13.blog38.fc2.com/tb.php/183-b613880c