桃の季節 
6月を迎え、スーパーの店頭に「桃」が並び始めました。
ちょうど、今月開催のレッスンに桃を使うので、待望の、といった感じです。

まだ出始めということもあり、お値段も高め。
特に、市場に早く出荷させるべく育てられた「温室育ち」の立派な桃は、
2千円近くすることも。さすがに、手が出ません・・・



近所のスーパーでは、小ぶりですがお手ごろ価格で売っていたので、
早速、試作用に購入してみました。



常温で2日ほど置いて、熟れ待ち。
ほどなくいい香りが漂い始め、食べごろになったので試作開始です。


産毛がちくちくするけれど、この産毛が鮮度の証。
皮をひっぱると、する~っと剥けていくものが、食べごろの証拠。
果物の見極めは難しいですが、美味しさを思えばこそ、ですね。
こういうときに、数年前に取得した野菜と果物のマイスター知識が発揮されます。



今月のTeatime lessonで紹介する桃のケーキは、チョコレートスポンジに桃とプラムを
合わせたもの。チョコの強さに繊細な桃を合わせるのは非常に難しいのですが、
試行錯誤の末、爽やかな味わいに仕上がりました。
レッスンでは、お茶に合うお菓子、ということがコンセプトなので、
ダージリンに相性の良いことが大前提です。
そういうわけで、チョコと桃、どちらも外せません~。

10.jpg



撮影をした後は、お昼寝から起きてきた旦那様と一緒に、キレイさっぱり頂きました。



これから果物のおいしい季節、楽しみがいっぱいです。


早く桃がリーズナブルになりますように。。。






スポンサーサイト
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://nature13.blog38.fc2.com/tb.php/24-79570a7c