エンガディナートルテ 
こんにちは。

少し暖かくなってきて、花粉も飛び始めました。
我が家もついに、外へお洗濯を干してはいけない指令が下り・・・

私はかゆいだけなので、少しは外に干したいのですが、
内緒で干しても旦那さんには絶対バレるので、


彼が家に帰宅したとたん、「外に干した??」と問われます^^;
もちろん、嘘つきますが。







本気の花粉症を患ってしまうと本当に大変なんだなぁ~と思います。
(まだ他人事)







さてさて、今日はエンガディナートルテというものを作りました。

こちらはスイスのエンガディーン地方の銘菓。
なんだか、エガちゃんを思い出してしまう名前ですが。。。





ビジュアル、こんな感じです。


CIMG5378_1_convert_20150304160457.jpg






タルト生地の中に、カラメルノアという、カラメリゼしたクルミを詰め込んで、しっかり焼きこんだもの。
カラメルノアは柔らかく作ったり、固く作ったり、お好みで調整しますが、
ちょっと固めが一般的かな。


作りたてよりも、数日なじませてからの方が美味しく感じられます。




私もこの間エンガディナのレッスンを依頼されていたので、その前に作りました。
久しぶりに師匠から教わったレシピをひっぱり出して、少しアレンジして15年ぶりくらいに作りましたが、

毎日少しずつ食べてみて、4,5日目が一番美味しかったな~と思います。
焼き菓子そのもの!っていう感じで。




本場スイスでも、長期保存して食べるそうですよ。
保存食にされるとか。


確かにそれくらい日持ちするほど、中のカラメルノアがしっかり甘くて高カロリーなので、
食べ過ぎると恐ろしいことに・・・








そろそろ季節的にも焼き菓子が食べたくなくなる季節。
今のうちに、楽しんでおこうと思います。








スポンサーサイト
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://nature13.blog38.fc2.com/tb.php/312-65f11f60