フランス菓子 
だいぶ前。

旦那くんとフランスに行ってきました。

そのときの写真が出てきたので、なんとなく載せてみようと思います。




以前、私の恩師がフランスで修行していたので、旅行前に情報収集して。
美味しいパティスリーを教えてもらい、時間の許す限り行ってみました。


3.jpg 4.jpg
こちらは、ショーウィンドウからパチリ。
色とりどりのマカロンや、コロンとしたフィナンシェ。

ちなみにフィナンシェは、ファイナンスという言葉にするとなじみやすいかな、
フランス語で「お金持ち」という意味。
フィナンシェを作る型が金塊の形に似ていたことから、
この名前がつけられました。


フランスでは、日本では手に入らない色素が使用できるので、
なんとも食と縁遠いくらいの色合いをしたお菓子がズラリ。

でも、グリーンならピスタチオ・赤はフランボワーズなど、
味も関連性があり、しっかりしています。



5.jpg
こちらはストレーと言う名前の、有名なパティスリー。

CIMG0825_convert_20091016234449.jpg CIMG0826_convert_20091016234658.jpg
エクレアやマカロンのケーキなど、4種類を2人で平らげました。






フランス菓子は、とにかく味にメリハリがあります。
プチガトーのような、一口サイズのものでも、インパクトがある。
(日本人にはちょっと、クドイかも知れませんが・・・)



食後にデザートをいただくのが習慣ですから、
優しいお味では食事の余韻に負けてしまうのでしょう。

とにかくも、一つ一つに伝統を感じることが出来、存在感があるお菓子たちです。
国民にも、自国の菓子の価値感が備わっているのもまた魅力です。

日本も和菓子の伝統をもっと重んじたら素敵なのに・・・。





その昔、私も学んできたのはフランス菓子だったので、
必死に勉強していたころは都内近郊の有名なフランス菓子やさんをハシゴしていました。
1軒で4個くらい買って食べて、それを一日4軒。
毎週土日は、そんな感じの生活。

それでも身体には何一つ悪影響はなかったので、
天性の甘党なんですね・・・





他にも、塩キャラメルの発祥となったブルターニュ地方の塩キャラメルや、
モンサンミッシェルのガレットも頂きました。
CIMG0497_convert_20091016234324.jpg




あ、ちなみにパリで有名なマカロンのお店「ラデュレ」は、
銀座三越に出店しています。
カフェもありますので、都内に行かれた際には、ぜひ。

味はもちろん、パッケージもとてもキュートです。




777.jpg










スポンサーサイト
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://nature13.blog38.fc2.com/tb.php/58-84fe0dd2