スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
baking days 
今週は。

お菓子のご依頼がいくつか重なり、喜ばしい一週間です。



気候もだいぶ涼しくなり、お菓子たちが遠くに旅立てるようになったことも
嬉しいこと。

なんと言っても、これから冬にかけては、
ティータイムに焼き菓子がかかせない季節ですから、
たくさんお役に立てるのは嬉しいです。






さて、今日は、和栗のガレット。


ガレットとは、平たく丸く焼いたお菓子という意味で、
もともと「ガレット・ブルトンヌ」という、ぶ厚く焼いたサブレのこと。


でもこれは日本での呼び名で、このお菓子の発祥の地フランス・ブルターニュでは
「パレット・ブルトンヌ」と言います。



特徴は、ほんのり塩味を効かせた、ざくざくのクッキー生地。
でも真ん中はしっとり、ほろっと崩れる食感。


普通のお菓子やさんでも定番商品として売られていますが、
中には何も入っていないものが主流。



私は具だくさんが好きなので、ここに和栗のぺーストと和栗を入れて焼き上げています。

CIMG2003_edited_convert_20091022220359.jpg真ん中が栗たち。


大人用の場合は、ほんのりラム酒が香ります♪



バターをたっぷり使っているので、バターの美味しさを存分に味わえる、
食べ応えのあるお菓子ですよ。オーブンで軽く温めて、バニラアイスを添えても美味しい~。


私はガレットが大好きなので、お菓子屋さんに行ったときは必ず購入します。
ガレットが美味しくないお店には、二度と行かないくらい。



焼き菓子の美味しいお店が、本当にケーキの美味しいお店。
昔、師匠に習いました。。。




さて、もうひとつ。

こちらは、しっとり感とヘーゼルナッツの香りが漂う、
フィナンシェ・ヘーゼルショコラテです。

CIMG1985_edited_convert_20091022220250.jpg


クロネコのように引き締まったブラックボディは、白いお皿に映えますね。





今はプレーンと2種類しか作っていないけれど、
抹茶や紅茶、レモンなど、いろいろバリエーションもあります。




アレンジも楽しい焼き菓子、

これからも考えるのが楽しみです。






















スポンサーサイト
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://nature13.blog38.fc2.com/tb.php/60-16b489f4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。