今年最後の栗たち 
11月25日。


朝は雨降りでしたが、10時くらいから雨も上がって、
午後にはすっかり晴れました。
そして、いつもより寒さも緩んで、過ごしやすいお天気に。




今日のレッスンはチャイだったので、
もう少し寒いくらいのほうが、ありがたかったなぁ・・・・なんて。





今日のお客様も、もうすっかり顔なじみの方々。
とても大きなお子様がいらっしゃるようには思えず、若々しくて素敵です。


お話を伺っていると、毎日忙しいご様子ですが、
レッスンにお越しくださることで、少しでもリフレッシュになればこちらも嬉しいです。




今日のレッスンもまた、あれこれと大変だったと思いますが、
本当にお疲れ様でした。

またクリスマスも、宜しくお願いします♪


CIMG2129_edited_convert_20091125161723.jpg
ざっくり盛り付けたショートケーキと、チャイ。





さて、夕方も近くなり日が暮れてくると、やっぱり少し寒さが戻ります。


こんなときは、お部屋を温めるために、栗の渋皮煮作り。




11月になると、栗もぱったりと出回らなくなり、旬も終了。
栗との出会いは、本当に貴重なひと時です。




今年は焼き菓子用に、かなりの渋皮煮と和栗ペーストを作ったのですが、
いつのまにやらストックが完売に近づいてきてしまいました。



今年はこれで終わりにしようか・・・と悩みましたが、やっぱり作り足すことに決めました。




さて、栗の調達。
もはや市場に栗は出回っていませんが、あるところにはあるのです!


茨城県にある、栗農園。
実家の母がよく栗を買いに行っている農園なのですが、実はちょっと有名なところ。


都内の有名パティシエ「イナムラショウゾウ」さんも、こちらの栗を指定して使っています。
他にも和菓子屋サンなどが、こちらの栗をおさえていると思います。



この農園では、特殊な方法で栗を保存し、時期が過ぎたあとも販売してくれます。

先日電話をしてみたところ、すでに完売間近で、サイズも3Lの大きいものしかない、とのこと。



それでも背に腹はなんとやら、で、注文しました。



CIMG2119_convert_20091125161358.jpg
届いたときの箱。とても丁寧に箱詰めされていました。

CIMG2121_edited_convert_20091125161547.jpg
ころんとした、大きな栗です!美味しそう。





こんなにキレイな栗は初めて、というくらい、ツルっと丸々太った栗。
このままでも美味しそうな・・・・




おそらくこれで、今年の栗は最後かな。

大切に大切に、これから渋皮煮を作ることとします。







美味しいお菓子に化かすための、大好きなひと手間です。











スポンサーサイト
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://nature13.blog38.fc2.com/tb.php/69-f8483c58