グランクリュカフェ 
先日、兄(私の義理の兄様です)より、ものめずらしい嗜好品をいただきました。


その名も「グランクリュカフェ」。




これは、コーヒー豆のことなのですが、実は究極のコーヒーと言われています。



そして、ワインのように「グランクリュ」と名づけられるだけあって、
丁寧にシャンパンボトルに入れられています。



このコーヒー豆は、以前テレビでも取り上げられたことがあるコーヒーの先駆者・川島良彰さんという方が、
自ら生産地に足を運び、農園を厳選し、さらにその農園のコーヒー原木のセレクションにもこだわり、
製法・保管方法にもこだわった、まさに究極コーヒー。







それだけのこだわりがあるだけに、もちろんお値段もそれなり。


最近は、美味しいコーヒーを淹れてくれる喫茶店などでも1杯1000円以上しますが、
そこには人件費も含まれていますね。まあ、サービス料とでも言いましょうか。



でも、このグランクリュカフェのお値段は、生豆の価格だけでもそれ相当。
100g約5000円くらい。

・・・おうち用には、なかなか^^;





とは言え、川島さんのこだわりを知ると、そのお値段も妥当かな、と思われます。
(私なんぞがこんなこと言うのは、おこがましいですが)







CIMG2432_convert_20100111071310.jpg CIMG2433_edited_convert_20100111071423.jpg
生豆からガスが発生するので、ボトルの栓を抜くと「ポンッ」と音がします。
その後に漂う、甘くフルーティーな香り。




早速、ミルで挽いて、淹れてみることにしました。



CIMG2439_edited_convert_20100111071650.jpg
ほんの少量のお湯で蒸らすと、驚くほどモコモコになります。
(写真は少し経ってからのものですが)
私がこの世で最も大好きな江口洋介が使っているのと同じ、大切なドリッパー(友人からのプレゼント)で。



お湯を注いだ瞬間にフワッと漂い始めるいい香り。
これは期待できそう!






淹れたコーヒーの水色は、強い琥珀色。
一口飲んでみると、それはそれは今まで味わったことのない驚きの味。



甘くフルーティーな香りに包まれながら、喉を通り過ぎていく、強く・濃厚な存在感。
かつ、雑みのないスッキリとした後味。
(これは私が試飲させてもらった品種の味です。他にも5種類くらいあるそう)



今まで飲んでいたものは、一体何だったの?と思わせるような、強烈なインパクトです。





・・・まことに恐れ入りました。








出会う機会があればぜひ、味わって欲しい逸品です。







いい経験をさせていただきました☆

















スポンサーサイト
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://nature13.blog38.fc2.com/tb.php/80-d4681800