ラズベリーのオペラ 
こんにちは。


バレンタインも明けて、冬のイベントは終わってしまいました。

我が家の旦那くんのお持ち帰りチョコを楽しみに待っていたのに、
想像以上に収穫は少なく。


「え、これだけ??」ってつい、言っちゃいました^^;





・・・最近は義理チョコ配りも減ったのかな?
代わりに、友チョコが増えているみたいですからね。








さて、チョコシーズンは過ぎ去りましたので、また来年♪
私は下旬のレッスンの試作にとりかかりました。






今回の試作品は「ラズベリーのオペラ」



オペラというのは、


その名の通り、フランス・パリにあるオペラ座をイメージして作られたケーキ。



発祥は有名なパティスリー「ダロワイヨ」です。
日本にもいくつか店舗がありますね。




そのオペラの味わいは、とても深みのあるもの。
チョコガナッシュ・コーヒー風味のバタークリームを使って何層(大体が7層)にも積み重ねた、
チョコレートとコーヒーのハーモニーを楽めるケーキ。



そして、上面にかけられた艶やかなショコラグラサージュは、
オペラ座の重厚感と気品を表現しています。






今回は、そんなオペラを可愛らしく・かつ大人っぽくアレンジしてみました。




CIMG2600_edited_convert_20100216194037.jpg





ビスキュイジョコンドというアーモンドの生地に、
カスタードとバターのムースリーヌクリーム、ラズベリークリームを重ねて。
途中、食感を楽しむためのクランチも忍ばせて。

仕上げは、グラサージュショコラです。





シンプルだけど、それぞれの素材が重なり合って、
個人的にとても美味しく仕上がったと思います。





画像のように、ヴァンショー(ホットワイン)と合わせてもgood。










別件で私の母様に会う予定があったので、
バレンタインがてら、お持たせに。








私が作るものは、ラフなケーキが多いので、
たまにはこういったカッチリケーキもいいですね。





ケーキやさんっぽい仕事をした気分で満たされました。










スポンサーサイト
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://nature13.blog38.fc2.com/tb.php/91-abae5a58